« 創立記念日 | トップページ | お悔み »

2013年5月 8日 (水)

GW2013 @鹿児島

GWも終わりました。みなさまどのようにお過ごしになられましたか?

私は何とか三連休をいただき、鹿児島へ行ってきました。

なぜ鹿児島??

「篤姫」以来、どっぷり大河ファンの我が家、、、

やっぱりなんとか維新の会・・・ではなく本物の維新の空気を感じたく行ってきました。

もちろんお山のほうも。。。

そんな鹿児島の風景を少しご覧ください。

鹿児島市内を走る市電、いろんなタイプがありました。

R0020811

鹿児島といえばやっぱり桜島。この日も時々噴煙を上げていました。

R0020812

市内から少し離れたところにある宿泊先。

内外装には久住左官や和泉石材さんの手が入っているようです。

写真は移築された石倉

Img_0676


中日はえびの高原から韓国岳に登頂。

火山帯でもある霧島連山の最高峰。

ごつごつした火山岩の中を上がりますが意外にお手軽に登れます。

Img_0679

山頂から見下ろすとこのようなカルデラ湖があちらこちらに。

これは直下の大浪池です。

R0020862

火山岩の中にもこんな可憐な花も咲いていました。

R0020876

市内に戻って維新観光?

西郷隆盛が最期に立ったと思われる城山から市内を眺める。

ここから桜島を眺め西郷は何を思ったのか・・・

R0020878

観光のメインは島津家の別邸として建てられた仙巌園。

錦江湾に面し湾を池に、桜島を築山に見立てた庭園配置。

R0020890

資料館などもあり、いかに島津家に先見性があったのかがうかがえます。

明治維新という大きな改革を成し遂げた偉大な人々。

その多くを輩出した鹿児島。

そして我が経営の師匠、尊敬する稲盛和夫氏を輩出した鹿児島。

その原点や土壌も少しは理解できたよい旅行でした。

« 創立記念日 | トップページ | お悔み »

街の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560917/57336177

この記事へのトラックバック一覧です: GW2013 @鹿児島:

« 創立記念日 | トップページ | お悔み »