« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

展覧会

今日の休日は娘たちが通う小学校の展覧会(図工展)へ。

毎年のことながらこの小学校の展覧会は面白い!!

普通なら作品を並べるだけのところをこちらではテーマを決めてインスタレーションされます。

今年のテーマは「森」らしい。。。

Dsc_0563

Dsc_0570

設営された先生方、本当にご苦労様です。

そして子どもたちの作品もすばらしい!

いまの子どもって発想が自由ですよね。

きっとこの中から将来、有名なアーティストが輩出されるかも!?

2011年1月26日 (水)

火の用心

昨日、高砂で大きな山火事がありました。

34時間も燃え続け焼失面積は120haだとか・・・

つまりざっと1km四方が焼けたことに・・・

そして何よりショックなのはこの山は去年の秋に登った山。。。

http://ochi-k.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-4572.html

まさに私達が歩いたところが焼けたようです。

綺麗な山だっただけに本当に残念なことですが、

ただけが人や家屋への延焼がなかったようでホッとしました。

ちなみにそのときの写真を見ていたらいみじくも・・・

R0016585

阪神間では長らく雨も降らず世の中は非常に乾燥しています。

山も街も「火の用心」しましょうね。

2011年1月19日 (水)

現場ブログ スタート!

これまで弊社のHPに掲載しておりました「建築日記」がバージョンアップ!

これからは各現場担当者によるブログになりました。

日々の現場での奮闘ぶりがリアルタイムでご覧いただけると思います。

乞うご期待!!

http://ochi-staff.cocolog-nifty.com/blog/

R0017019

2011年1月17日 (月)

午前5時46分

今日は1月17日、あの震災から16年経ちました。

いろんな思いのこもった16年ですが、、、

記憶や気持ちが少しずつ薄れていくのも事実。。。

だから今年は早起きしてその時間の街を歩いてみました。

あの日も寒い朝でした。外はまだ真っ暗。

R0017052

慰霊碑のある芦屋公園では午前7時から追悼式があるようで準備中でした。

R0017053 

慰霊碑に一人で手を合わせ、芦屋で一番被害が多かった津知町の公園へ。

こちらでは地域の方々が集まって慰霊の会をされていました。

ここでちょうど5時46分に。皆様に混じって黙祷・・・

R0017054

本当に大きな災害だったから16年経ってもこのように人の心に残っている。

そして生かされた我々がその教訓を生かしていかないといけない。

犠牲となった6000余人もの人のほとんどが建物の下敷きになったこと。

つまりシェルターであるべき建築が凶器になった。。。

このことを神戸で生き、建築を生業にする我々は決して忘れてはいけない。

改めてその思いを強くした朝でした。

2011年1月16日 (日)

初すべり?

今日は今年一番の寒波だとか・・・

その寒波にも負けず家族そろって今年初めての六甲登ってきました。。。

といってもいつものトレーニングコース、風吹岩まで。

そういえば去年はここまで何回登ったことか・・・

高座の滝も今年初めて! 今年もよろしくお願いします。でもなんだか冷たそう。。。

R0017025

そして風吹岩は寒すぎたのでスルーして昼食は横池で。。。

R0017030

なんと! 2/3ほどが凍ってます!!

まさか乗れないよね??? と思ったらすでに氷の上に人が・・・

というわけで我が家のお調子者は氷上へ、、、

R0017036

結構しっかり凍ってましたが・・・なにごとも自己責任でお願いします。。。

ここで暖かい昼食をとって岡本方面へ下山。

明日は1月17日、、、震災の日から16年。。。

そのときのこの風景はどうだったんだろう・・・?

R0017045

そんなことに思いを馳せつつ、、、

今年も六甲だらけのブログになりそうです。

2011年1月11日 (火)

十日戎

昨日は十日戎、、、朝から西宮神社へ参拝しました。

昨年は気合を入れて暗いうちに行き、スイスイ行けたのはいいが、

同時に露店も開いてなくって寂しかったので、

今年は少し遅らせて8時頃につきましたがそれでもまだガラガラでした。。。

R0017012

今年は見事に連休と重なり前日も凄い人出だったそうですが、

まだこの時間は本殿前もご覧の通りです。

R0017015

人に押されることもなくゆっくりお参りさせていただき、

マグロにも余裕でタッチ!!

R0017017

これで今年も商売繁盛まちがいなし!!

2011年1月 9日 (日)

2011 氷瀑

今年も見に行きました氷瀑。。。

氷瀑とは滝が凍りつくこと、、、それが身近で見れます。

(ちなみに去年の記事はこちら http://www.ochi-k.co.jp/Diary%20'10.02.htm

今年は年末から寒気が襲来! 

もう見れるんじゃない?といつもの山のお仲間たちと急遽行ってみました。

この雪景色、、、いちおう神戸市です。

R0017007

ここは六甲山の裏側、有馬から少し登ればこんな風景になります。

R0017009

そして目の前にドーンと!!

Dsc_0534

こちらは七曲り滝。去年よりほど凍っていませんが繊細で美しかった。

そのあとはじめて百間滝も行きましたがこちらはあと一息。。。

Dsc_0553

明日あたりの寒波でもう少し凍るかな?

なお、、、こちらに行くにはアイゼン等の装備が不可欠ですのでご注意ください。

【おまけ】

クロスする足跡、、、さて誰??

R0017011

新年会

1月8日は越智工務店の協力業者の皆様にお集まりいただく新年会でした。

R0016998

写真にもありますように弊社ではこの新年会を「新春協力発展会」と呼びます。

建築を造るには多岐にわたる専門職の技術が必要です。

工務店という組織はそれらの職方(職人)を自社で抱えるのではなく

そのほとんどを外部の専門業者に依頼します。

そして弊社が高い技術力を維持していくためには、ハイレベルな職方との

信頼関係が不可欠なのです。

この新年会は単なる元請・下請の関係ではなく、

共に協力し共に発展していくための団結式のようなものなのです。

協力業者の皆さん、今年も共に頑張りましょう!

2011年1月 8日 (土)

お正月いろいろ

気がつけば新年になってもう一週間。。。

もちろん仕事は本格稼動していますし、何故か今年は年明け早々大忙し。

この時期はブログネタに事欠かないのにアップする暇がありませ~ん!

というわけで今更ながら正月ネタを少々。。。

動き回った元日の翌日はマッタリ・・・とはいかず、、、

2日は山野家対抗ボーリング大会!! 今年もどこまでもアクティブです。。。

R0016956

最近脚は鍛えているもののよく考えたら腕は無防備・・・ガタガーター?でした。。。

更に芦屋に帰って翌3日は京都へ。

ここ数年、お正月の京都行きが定番になっていますが

今年の目的はこちら、、、

Dsc_0508

はい、いわずと知れた伏見の「寺田屋」。

去年の大河に嵌りすっかり龍馬オタクになった長女のたっての希望。

ただ、、、寺田屋もはじめ街中ほとんどが正月休み・・・でした。

Dsc_0513

でも酒蔵などの街並みが良い感じで保存されていて、改めてもう一度行きたい街ですね。

ただ娘の興味はすでに「お江」へ。。。来年は近江??

そしてその足で向かったのが京都北野天満宮。

Dsc_0529

うちはまだ受験生ではないのですが、こちらで行われる「天満書」という

書初めの会に娘が初めて参加してきました。

Dsc_0523

ここで書初めをして奉納、きっと字が上手になりますよね。

そんなこんなで相変わらずドタバタなお正月のご報告でした。

2011年1月 3日 (月)

2011 元旦

あけましておめでとうございます。

突然の大寒波の襲来で今年は寒いお正月になりましたね。

私もいつもどおり淡路島に帰省をしておりましたが本当に寒かった。。。

そんな寒い元旦の一日をちょっとご紹介。

元旦の朝といえばまずは当然、初日の出!!

しかし二年連続で雲に阻まれ見れてなかったのですが、

今年はこのようにバッチリ!! ただ・・・寒すぎました。。。

Dsc_0493

家族そろって新年の挨拶のあとは去年も登った先山千光寺へ初登山!!

去年はひとりさびしく?登りましたが今年はちょっと違う。

今年は洲本市主催の「元旦歩こう会」に家族そろって参加しました。

R0016942

標高448mのこの山は登山道も綺麗に整備されていて

普段着でも登れ、元旦の腹ごなしにちょうどいい。

途中、お地蔵様もお正月らしく綺麗に着飾っていました。もちろん防寒仕様!?

R0016955

山頂手前ではウサギさんがお出迎え。。。ご苦労さまです。。。

R0016947

山頂にある千光寺は初詣の人々でいっぱいでした。

R0016953

こちらではこのあと歩こう会のイベントがいろいろあったのですが、、、

あまりの寒さに待ちきれず一気に下山。。。

次は淡路一宮の伊弉諾神宮へ。

Dsc_0500

今年は初日の出を拝み淡路一のお寺と神社に参って

きっといい年になること間違いなし!!

皆さん、本年もよろしくお願い申し上げます。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »