« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月29日 (日)

納涼祭ご報告

先日お知らせしました六甲納涼祭が昨日開催されました。

まだまだ下界は猛暑ですがさすがに山上は涼しくまさに納涼できました。

そして予想を超えるたくさんの人にお越しいただき大盛況でした。

R0016185

私はわなげ屋さんの大将!子どもたち相手にずいぶん楽しませていただきました。

R0016182 R0016183

R0016189

夕暮れには涼しい風が吹き美しい夜景も見えて

本当に気持ちの良い山上でした。

R0016198

R0016204

山に登り始めてまだ2年ほど。

でも六甲山のおかげでたくさんの仲間ができ、こんなイベントにも参加できました。

ますます六甲山に感謝。そしてもっともっとみんなで山を盛り上げましょう。

2010年8月27日 (金)

路傍の花

いつもの通勤路、アスファルトの隙間に綺麗な花が咲いていた。

芦屋の路傍、健気にそして力強く花を咲かせた野草・・・

見習おう!!

R0016168

R0016169

2010年8月24日 (火)

神戸建築家倶楽部

知り合いの建築家さんたちが集まって新たなグループを結成されました。

その名も「神戸建築家倶楽部」(HPはこちらhttp://site.m3rd.jp/kobe-kenchikukaclub/

偶然にもよく知った方の名前ばかり。。。

そしてその発足記念イベントが行われます。

既に一回目は終わっていますが、、、いろんなタイプの建築家の話が聞けますので

ご興味のあるかたは覗かれてはいかがでしょうか?

Photo

2010年8月23日 (月)

上棟式

いま仕事をさせていただいている物件が先週上棟し、

週末にお客様のご好意で上棟式が催行されました。

R0016161

これまでもたくさんの建物を造り上げ上棟式もたくさんしてきましたが

毎回、形は違えどそれぞれのお客様の想いのこもった上棟式が行われ

私たちはこれで改めて気を引き締めて工事を進めることになります。

R0016162

2010年8月22日 (日)

六甲納涼祭

8月28日土曜日の夕刻、六甲の山の上で面白いイベントがあります。

私も少々お手伝いをさせていただきます。

残暑厳しい折、六甲山上での夕涼みはいかがですか?

Photo

2010年8月21日 (土)

2010夏紀行-帰省編

2泊3日の信州旅行から無事に戻って自宅でホッと一息ついたあと、

残りの休暇をエンジョイすべく向かったのは、、、田舎者の宿命・・・帰省でした。。。

帰省といっても私の場合、淡路島の実家まで1時間強でいけるのであっという間。

渋滞を避けるため早朝に淡路に向かい、、、

実家に着いてちょっと休憩したあと、、、何故か、、、香川県丸亀にいました。。。

どこまでも腰の座らない、、、我家です。。。(笑)

四国も高速道路が整備されおり、淡路の実家から丸亀まで1時間半でいけます。

丸亀といえばやはり、、、うどん!! まずは腹ごしらえ。

R0016100

そして一番目の目的地は「猪熊弦一郎美術館」。

R0016104

こちらは谷口吉生氏の設計によるもので私も以前から見たかった建築です。

谷口氏らしいダイナミックでかつシンプルで美しい空間でした。

R0016108

次に向かったのはそのすぐ近くにある「うちわミュージアム」

R0016111

私も知らなかったのですが丸亀はうちわの産地だそうです。

R0016115

今回の丸亀行きのもう一つのきっかけは娘たちが直前に試写会で見た映画

「きなこ」の舞台となったところで、こちらでも「きなこ」のうちわを作らせていただきました。

そして最後はすぐそこに見えていた「丸亀城」。

R0016124

暑い中、ふうふう言いながら天守閣まで上がりましたが、

登り甲斐のある美しい景色でした。

R0016129

できればこの後、瀬戸内の島々を舞台に開催されている「瀬戸内国際芸術祭」にも

いきたかったのですが、さすがに時間がたりないのでここで撤退。

そのあと実家に一泊して翌日芦屋に戻りました。

5日間のお休みをフルに利用して山あり海あり?過去最高にアクティブな休暇でした。

気がついたら美術館もたくさん行きましたね。

いろんな刺激を受けてこれでまた仕事が頑張れます。

以上、2010夏紀行のご報告終わり!!

2010年8月20日 (金)

2010夏紀行-原村編

信州旅行3日目は蓼科に来た時の最近の定番コースになっている原村へ。

原村は蓼科から車で30分ほど南へ行った八ヶ岳の麓になります。

蓼科とはまた違った素朴な高原の雰囲気が心地いい。

そしてその中の定番コースが「八ヶ岳 小さな絵本美術館」

R0016087_2

こちらは絵本作家さとうわきこさんが主宰する絵本専門の美術館で

本が大好きな娘たちにとっては至極の場所。。。

また天気がよければ外のお庭も魅力的です。

R0016088

そしてもう一ヶ所。。。

原村と聞いて建築デザインを志したものならピンとくるところ。

R0016097

八ヶ岳美術館。30年ほど前に村野藤吾氏の設計により建設された美術館です。

こちらは15年ぶりぐらいに訪れたのですが

この特異な形の建物は今も不思議と林の中に馴染んでいました。

R0016098

そんなわけでとりあえず信州旅行はここまで。

でもアクティブな夏期休暇はまだまだ続く。。。

2010年8月19日 (木)

2010夏紀行-登山編

今回の旅行を信州方面にした最大の理由、、、もちろん山登り!!です。

ついに念願のアルプスデビュー!といきたかったのですが、

さすがに家族団欒すべき?休暇中に一人で山に向かうわけにも行かず、

ならばと思い立ったのが今回登った北横岳でした。

北横岳は標高約2500m、、、十分な高山ですし私にとっては初の2000mオーバー!

でもここには強い味方が、、、

R0016076

宿泊した蓼科倶楽部から車で10分ほど、

標高1700mほどにあるピラタスの丘からロープウェーで一気に上がれるのです。

R0016069

この日もどうもスッキリしない天気。。。

案の定、頂上駅に降り立ったとたん、、、景色が違ってました。。。

R0016072

標高2237mは見事な・・・雲の中、、、。

そして気温も20℃以下、さすがに2000mオーバーは違いますね。

雨は降っていませんが防寒対策も兼ねてレインジャケットを着ていざ出発。

Dsc_0374

この山頂駅の上には30分ほどで回れる坪庭という周遊路があり

そこまではスニーカーでいけますが、今回の目的の北横岳は

その道の途中から本格的な山道に入っていきます。

この天候では途中の展望も全く望めませんが、

いかにも八ヶ岳山麓らしい苔むした山道がより神秘的でもありました。

Dsc_0393

ロープウェーの山頂駅で2237m、目指す北横岳山頂は2480m、

その差はたったの243m、子供たちでも楽勝だと思ったのですが、、、

さすがに2000mオーバーの標高はバカにしてはいけないのか、

ふだん六甲を平気で上り下りしている娘たちが今日はどうも調子が出ません。。。

やはりそれなりに空気も薄く思いのほか疲労するようです。

でも何とかだましだまし一時間半ほどかけて北横岳ヒュッテという山小屋に到着。

Dsc_0385

こちらはいかにもという本格的な山小屋です。

とりあえずここで子ども達は休憩をとることにして、私だけがもう少し先の山頂にアタック。

ここからほんの10分ほど急登したところに北横岳山頂がありました、が、、、

Dsc_0386

ご覧のように、、、まっしろけ。。。

森林限界を超えいかにも殺風景な山頂ですが、更にこの天候では何も見えません。。。

実はこの写真の場所は北横岳の南峰(2472m)で本当に頂上の北峰(2480m)は

もう少し先にあったのですが、たぶん同じ風景だろうとここで引き替えすことに。。。

ヒュッテまで戻ると少し休んだ娘たちも回復していましたが、ここでは無理をせずに撤退。

帰り道、少し遠回りをして縞枯山荘にも寄ってみました。

Dsc_0404

今回の山行はせっかくの2500mの眺望が楽しめずなんとも残念でしたが

ほんの少しですが高山の雰囲気を味わえ、またその厳しさも知りました。

そして天候が悪く眺望がなかった分、足元の高山植物に目がいって別の楽しみもありました。

Dsc_0378 Dsc_0381

Dsc_0380 Dsc_0391

さて次は3000m級、、、行きたいですね。

2010年8月17日 (火)

2010夏紀行-蓼科編

今回の信州旅行のお宿は二泊とも蓼科にあるペンションでした。

私はかれこれ20年ほど前からどういうわけか蓼科が好きで通っています。

そしてそのきっかけを作ってくれたのがこのペンション。

もちろん蓼科の空気も大好きなのですが、

やはり心地よい場所があることがリピートする最大の理由ですよね。

Dsc_0411

その建物は決して豪華なものではないけれど、

白樺の林に囲まれ、静かに佇む雰囲気は何年経っても変わらず、

これもたまにしかいけないリピータにとっては嬉しいこと。

Dsc_0408

そして何より女性オーナーの細やかな心配りと、

つかず離れずの絶妙な距離感がなんとも心地いい。

Dsc_0405

商売は違えど我々も見習う事がたくさんありました。

R0016046

というわけで今回は「蓼科倶楽部」のPRでした。。。

http://homepage2.nifty.com/tateshina_club/

2010年8月16日 (月)

2010夏紀行―安曇野編

2010年夏、8月12日から16日まで勝手ながら夏期休業とさせていただきました。

普段の休日でもじっとしていない我が家、

もちろんこのこの休暇中もフル稼働!でした。

そんなアクティブな5日間を少し、、、いやいつも通りたっぷりご紹介いたします。

旅のスタートは12日、渋滞を避けるべく早朝に芦屋を出発、目指すは信州!!

意外にも渋滞はなく車はスイスイと進みました。

ただ予定外だったのは天気、、、そう、この日は台風4号が接近した日。。。

どうやら台風と共に北上したらしく、どこまで行っても雨、雨、雨、、、

でもそのおかげか渋滞にあわずに予定より早くに信州入り、まず向かったのは安曇野。

最初の目的地である安曇野ちひろ美術館です。

R0016033_3

こちらは画家で絵本作家もあるいわさきちひろさんの作品を集めた美術館。

建物は内藤廣氏の設計によるものです。

北アルプスを望む地形を生かした見事なランドスケープと

いわさきちひろさんの作品にも通じる優しい建築でした。

R0016036_2

ただ残念だったのは本当ならここから穂高の山々が望めたこと。。。

R0016039_2

そしてそのあとはもう一つの安曇野の目的、七色の大かえで。。。

我が家の長女の名前は楓(かえで)。。。

この子が生まれたとき偶然見つけたのがこの本。

4309703313_3 これは安曇野の大峰高原というところにある大きな楓の木の

一年の変化を収めた写真集。

ずっと本物を見たいと思いつつ、娘10歳にして実現しました。

Dsc_0373_4

Dsc_0370_2

そんなこんなで一日目終了。まだまだ続きます。

2010年8月11日 (水)

珍しい花

まだなんとか続いている朝練、、、

今日はちょっと趣向を変えて自転車で海辺へ。。。

ある方から教えていただいた珍しい花を見に西宮まで一気に走りました。

R0016000

西宮の香露園浜(御前浜)の端っこにぽつんと立っているこの木?花?

リュウゼツラン(竜舌蘭)という珍しい植物です。

そしてこの花は非常に成長が遅く100年に一度だけ開花すると言われています。

その花がまさにいまこちらで咲いていました。。。

R0016005

場所は西宮砲台跡の南側です。

R0016008

※越智工務店は8月12日から16日まで夏期休業とさせていただきます。

2010年8月 8日 (日)

ダウンヒル

社長の休日シリーズ。(そんなのいつ出来た??)

今日は、猛暑で山に登れないなら下ればいいじゃん!?

そんなわけで?いつものお仲間のお誘いで六甲の自転車ダウンヒルに挑戦。。。

猛暑の折、ヒルクライムはお許しいただいて車で六甲山頂へ。

R0015973

マウンテンバイク7台が集合!ちなみに私はもちろんレンタル・・・

六甲山頂から神戸・元町あたり目指してひたすら下ります。

R0015975

今日も暑い日でしたが木漏れ日の中を疾走するのは本当に気持ちよかった。。。

R0015977

途中、森林植物園や再度公園で小休止。

R0015978

その後、こんな階段も通って再度山では林道やハイキング道を走ります。

R0015990

R0015994

2時間ほどで街まで降りてきましたがさすがに街は暑かった!!

最後は銭湯で汗を流して、、、beer カンパ~イ!!

R0015996

私たちにとって身近な六甲山、楽しみ方はいろいろです。

さて、お盆の休みまであと3日。仕事も頑張りましょう!!

2010年8月 7日 (土)

朝練!?

数日前から毎朝早起きして娘と一緒にウォーキングしています。

私は最近暑くて山に登れないのでその代わりのトレーニング。

娘は・・・運動不足解消、、、?

私が子どもの頃は夏休みといえば海に山に、毎日走り回っていた。。。

でも今の子ども達はそうもいかず、通学もないため夏休み=運動不足になるようです。。。

なんとも、、、ですね。

いつまで続くかわかりませんが、朝の空気は爽やかで気持ちいい。

皆さんも少し早起きしてみませんか?

R0015954

R0015963

2010年8月 3日 (火)

現調

あまりの暑さとお盆前の駆け込み仕事に忙殺されて

ブログの更新ピッチがすっかり以前の状態に戻ってしまいました。sweat01

そんな中、概算見積りの依頼を受けた物件の現調に。。。

現調とは現場調査のこと。

見積り前の現調は図面と現地を照らし合わせつつ、図面に表現されてない情報をチェック。

上下水道等の引き込みや現場周辺の電線や電柱の状態、

また現場に至る進入路の状態などなど。

R0015938

その帰り道、少し先に見えた風景に引き寄せられるようにこんなところへ・・・

R0015948

いつも上を走っていますが、真下から眺めるのもいいものです。

この物件まだまだどうなるかわかりませんが、

クライアントは同郷の人らしい。。。

うまく架け橋で繋がるといいのですが・・・。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »